県政に活力を!エンジン全開 宮城やすし
トップページ > 政策・理念
生き残りを掛けた農業、中小企業への支援に全力で取り組みます
明るい兆しのあった日本経済、2008年の世界同時不況から不況トンネルに、厳しさを増す産業界を全力で支援します。
・商工業の振興施策を推進
・新製品の開発支援、産学連携の推進
・茶農協、農業法人など農業構造改革の推進
・質の高い農業の育成により、競争力の強化を推進
・環境に優しい循環型社会の推進
世代を超えたスポーツの振興に全力で取り組みます
現代社会の問題、運動不足による体力の衰えが様々な医療問題などにつながっています。
スポーツの振興により健康、体力、心づくりを進めていきます。
・スポーツ活動の普及強化
・スポーツ指導者の育成強化
・スポーツ施設整備の推進
・スポーツ活動による青少年の育成を推進
安全、安心、元気の出るまちづくりに全力で取り組みます
災害に万全な安全対策があってこそ、安心が得られます。 安心に暮らせるまちには、定住人口が増え活気が生まれます。
・消防団活動の環境支援
・広域消防の推進により消防力を強化
・地震対策の強化と自主防災組織の活動支援
・救急医療の充実強化
・生活に関連した社会資本の整備を推進
賑わいのあるまちづくりに全力で取り組みます
少子・高齢化社会により人口減少が進むことで、様々な問題が発生すると指摘されています。高齢者が元気で、若者が集う賑わいのまちづくりを推進し、地域活力の創造に努めます。
・民間活力と行政力の連携を推進
・定住人口の増加対策を推進
・安心して子育て出来る環境の支援策を推進
・特養、介護施設の運営支援
・若者の雇用対策の強化
私は、これまで茶の生産者として農業に従事するかたわら、地域のスポーツ活動の指導者として青少年の育成に努力し、地域防災の要である消防団活動に26年全力で取り組んで参りました。その中で、私たちの周りには農業、教育、防災など様々な問題や課題があることを強く感じました。
今、農業や商工業をはじめ産業界は、生産物の価格が下がるデフレ経済の影響で厳しい経営を余儀なくされる状況です。なかでも命の元であろう食を担う農業支援は緊急の課題といえます。
また、教育を見ると「ゆとり教育の見直し」が始まり教育のあるべき姿についての模索が続く状況です。未来を担う子どもたちを、私たちがどのように育んでいくのか真剣に考えなければならない時期に来ています。
さらに、防災体制は関係者の努力で整備が進んでいますが、明日にも起こりうる東海地震に対しての備えは十分とは言えない状況です。広域消防などの推進によりもっと積極的に課題の解決に行動しなければなりません。
私は、こうした課題に一つひとつ粘り強く取り組み、厳しい社会の中にあっても心豊かに暮らせる地域社会を構築していくため、皆さんの声の代弁者として全力で働きたいと決意を致しました。
つきましては、市内全域の皆様のご理解ご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。
宮城也寸志
Copyright(c) 2013 宮城やすし All Rights Reserved.